家づくりコラム

最適な間取り

最適な間取りにたどり着くために大切なこと。

2019.07.06

間取りの参考に

家づくりで間取りを考える時、誰もがチラシや雑誌、

ネットのプラン集などの間取り図を眺めて参考にすることが多いと思います。

 

自分たちにとってどんな間取りが最適なのか、

それは簡単にイメージできるものではないので、

これらは積極的に活用して参考すべきだと考えます。

 

ただ、間違ってはいけないのが、

たくさんの間取り図の中から自分たちに合うと思うものを選ぼうとしないことです。

 

暮らし方を合わせない

100家族いれば100通りの暮らしがあるのですから、

間取りも100通りになるはず。

雑誌やプラン集の中から家族の暮らしにぴったりな間取りが見つかれば良いですが、

現実的にはかなり難しい話ではないでしょうか。

 

間取りに暮らし方を合わせるのではなく、

思い描く暮らしを実現できる間取りを考える。

 

注文住宅はここが要になると考えています。

先入観を捨てる

そしてもう一つ、先入観を取り除くことも重要です。

例えば、

子ども部屋は一人一部屋必要で、

各部屋にクローゼットも必須というように、

間取り図をたくさん見ているとこれらが頭の中にしみついてしまい、

それが本当に自分たちの暮らし方に合っているか考えることなく決めてしまっていることがあります。

 

 

子どもたちとどう接して暮らしたいのかによっては、

個々の部屋がなくてもよい場合もありますし、

クローゼットに関しては、

分散しているよりも一カ所集約のファミリークローゼットの方が、

家事効率の面からすれば優れている場合もあります。

 

「当たり前」、「普通は」という感覚を疑ってみることも大事ではないでしょうか。

 

どう暮らしたいのか

全ては「どう暮らしたいのか」を根幹に、

先入観にとらわれることなく、

自分たちにとって価値が高いと言える選択を重ねていくことが、

最適な間取りにたどり着くために大切なことではないかと考えています。

 

家づくりの目的

安井建設編集部

注文住宅のこと、間取りのこと、構造のこと、暮らし方のことなど、家づくりにまつわるお役立ち情報を発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最適な間取り

家づくり
毎日開催!

間取りのこと、お金のこと、土地のことなど
家づくりのことなら何でもご相談ください。

来場予約はこちら