スタッフブログ

2019.01.11

宮部友希

最近思う事 ~収納編~

2019年1月11日

2019年初ボヤキです。

今回は収納について。最近と言うよりも前から思っていた事でもありますが、

プランを検討するにあたってヒアリングを行っていると、皆さん必ずと言っていいほど収納を充実させたいという旨の要望が出てきます。

もちろん収納は必要です。見せない収納には何度やパントリー、クローゼットなどが代表的な空間で、

見せる収納にはカウンターや固定棚、最近ではキッチンの背面収納をあえて見せる方法を取る方もいらっしゃいます。

(後者は住まわれてからもかなりセンスが問われますが・・・)

いろんな方法がある収納ですが、ただ単に収納スペースが設けられれば良い、というものでもありません。

リビングにはリビングの物があります。例えば子供のおもちゃやDVD、書籍など。

キッチンにはキッチンの物、食器、食品、調理器具など。

洗面脱衣室には洗面脱衣室の物、トイレにはトイレの物等々。

そして問題は、それぞれを収納するスペースの広さです。

収納に面積を費やしてしまうと、建物が大きくなって予算もUPしてしまったり、

収納に気を取られ過ぎてLDKが小さくなってしまっては本末転倒。

快適に住むために収納はあるべきなのに、収納が広いが為に他を妥協しなければならない、

更にはどんどん仕舞えるもんだから、捨てるべきものも捨てられなくなってしまいます。

一軒家の場合、一般的に延床面積の12~15%の収納面積が好ましいと言われています。

仮に35坪の住宅の場合、12%なら4.2坪、つまり8.4帖のお部屋まるまる収納として使用できるという事になります。

12%と聞くと少ないなと思われるかもしれませんが、8.4帖のお部屋と聞くといかがでしょう?

私だったらいらないものを貯めこんでしまいそうです。(恐ろしい・・・)

更にちょっとしたデットスペースを活用した収納や、部屋の隅に作ったちょっとした見せる収納などは含まれていないので、

更に可能性は広がりますよね。

色々書いていたら思う事ボヤキではなく、一般論になってしまいオチがない内容になってしまいましたが、

限りあるご予算を有効に使う意味でも、程よく断捨離して、大切な物や日用品は使いやすく収納できると、

本当の意味で理想の間取りに近づくと思いますよ♪

宮部友希

この記事を書いたスタッフ

宮部友希

デザイナー
二級建築士

家づくり
毎日開催!

間取りのこと、お金のこと、土地のことなど
家づくりのことなら何でもご相談ください。

来場予約はこちら

最新のイベント情報