スタッフブログ

2019.08.18

宮部友希

「遮蔽」の重要性

お盆も過ぎ去り、一年を通して最も暑い時期です。

こんな時は冷房の効いた室内でのんびりしたいと思います。

いかにもグータラな発言ですが、私が子供の頃とは比べ物にならないくらい気温が上がり、

生命活動に支障をきたすような状況なので、仕方がない部分もあると思います。

 

昨年は7月に40℃を超える日が続いた事を考えれば、今年はまだ落ち着いているのかな?

とも思えてしまいます。

それでも38℃を超える日はざらにあるので、

10年後には「今日は40℃超えてないからマシだね」なんて言葉が出ているかもしれませんね。

 

そんな時期だからこそ冷房が必須な訳で、

この東海地方平野部では、「冷房のいらない家」というのはあり得ません。

どれだけ高断熱でも、人の出入りがあれば熱は侵入し、出ていきません。

その中で生活していれば、いろいろな生活熱も出ます。

人が居れば、じっとしていても大人一人当たり50~60wの熱を発しています。

この熱が蓄積されれば、必然的に暑くなっていきます。

 

地熱を利用した冷却システムなども世の中ありますが、

一般的にはエアコンを使って冷房します。

実は、そのエアコンにどれだけのエネルギーを使うかどうか(光熱費を抑えられるかどうか)は、

エアコン本体の性能だけでなく、住宅の断熱性能、遮蔽性能が物を言います。

 

住宅が完成してからでは、断熱性を上げる事は難しいです。

その代り、最も熱の出入りが大きい窓で遮蔽する事が効果的です。

 

その方法は、昔ながらのすだれやシェードを使う事です。

ゴーヤやあさがおなどで作るグリーンカーテンも同じ効果が得られます。

 

ポイントは窓の外側に設ける事。

カーテンやロールスクリーン等でも効果は得られますが、外側で日差しを遮る方が圧倒的に効果が高いです。

事実、昨年の夏、外気温35℃の日に私の自宅で実験を行いました。

 

条件は下記の通りです。

・Aの窓は外側にシェードを設けている。

・Bの窓は遮蔽部材は何も設けていない。

・A、B共に1階の南側窓(ガラスは普通複層ガラス)で、同じLDKにある窓。

・A、B共に奥行き910㎜の庇がある。

 

この条件で、表面温度を計測しました。

まずは遮蔽しているAの窓の表面温度は29℃でした。

一方Bの窓の表面温度はと言うと・・・34℃。

 

外側にシェード1枚があるだけで、5℃も差があります。

どんなに高断熱にしても、ガラス面からの熱の侵入は防ぐことは出来ません。

ですが侵入を減らす事は出来ます。

どちらがエアコンの負荷を減らす事が出来るのか、容易に想像できますよね♪♪

 

8月もあと2週間で終わり、残暑の9月になります。

何も対策をされていない方は、是非試してみて下さい!

体感温度が全然違いますよ♬

 

宮部友希

この記事を書いたスタッフ

宮部友希

デザイナー
二級建築士

家づくり
毎日開催!

間取りのこと、お金のこと、土地のことなど
家づくりのことなら何でもご相談ください。

来場予約はこちら

最新のイベント情報