スタッフブログ

安井建設スタッフブログ
2017.12.9

本日、ご紹介するのはこちら!!

 

これ、ただのペットボトルではありません。

ミジンコやメダカの稚魚の餌である

ゾウリムシ

が沢山入っているのです!!

 

ミジンコよりも小さいので、

もう生きているのか、死んでいるのかもよくわかりません(ノД`)・゜・。

育てて?いても、楽しみがよく分かっていません(笑)

 

繁殖しているかどうかの判断は、ペットボトルを開けた時の

ぷ~~~ん。

とする腐った泥水のようなにおいが出ているかどうかなのです。

(プロの人は、育っているかわかるそうですが・・・。)

 

我が家のペットボトルもいい感じに臭います。

部屋中、なかなかいい感じに臭います。

 

妻からも

「部屋を換気して(# ゚Д゚)!!」

と言われますが、

メダカの為、ミジンコの為、窓を閉め切ってしまっているので、

廊下へと通じるドアしか空気の逃げ場はなく、

私の逃げ場ももうありません(笑)

 

ゾウリムシの餌は「ビール酵母」!!

プロの間では、「エビオス錠」がお決まりのようで、私も使っています。

エビオス錠はアサヒビールが出している整腸剤なのですが、

ビール酵母を使っての整腸剤で、ゾウリムシには抜群の餌です。

1Lの水に対し、1錠いれて、ゾウリムシの種を入れると自然と増えてくれます。

(酸素も大事なので、ペットボトルの蓋は置くだけにします。)

 

もう臭いがすごい部屋になってしまったので、

とりあえず、ゾウリムシちゃんとは今年度をもって

お別れしようと思います。

 

「アディオス、ゾウリムシ!!」

 

nishikawa at 8:55 AM

メダカ生活 ~微生物編~ への2個のコメント

  1. 成宮 さんより:

    おもしろいやん

  2. nishikawa さんより:

    コメントありがとうございまぁす(*’▽’)

コメント

名前:(必須)
メールアドレス: (公開されません) (必須)
ウェブサイトURL

2017.12.6

以前、お伝えしたエビちゃん

ミナミヌマエビ

 

大きな変化がありました。

なんと卵を身ごもってくれたのです!!

 

ミナミヌマエビは、2~3cmほどの大きさのエビで、

メダカと相性がよく、メダカの糞やメダカの餌の残り等を処理してくれる

素晴らしいお掃除屋さんです。

 

ただし、少食なのがたまに傷なのですが、温厚な性格でゆっくり歩き回るのが癒されます。

 

ミナミヌマエビは20度くらいの水温を保ってあげると

卵を産むとされていますが、

 

これまで、なかなか卵を産んでくれませんでした。

もしかしたら、卵が出来ていたのかもしれませんが、小エビがメダカの稚魚のご飯に

いつの間にかなっていたのかもしれません。

 

エビを増やすのなら、メダカとは別にした方がいいとインターネットで見つけ、

対応してみたところ、

「YATTAー!!」

即効果がありました!!

 

卵からかえるのが今から楽しみです(*^-^*)

nishikawa at 12:01 PM

コメント

名前:(必須)
メールアドレス: (公開されません) (必須)
ウェブサイトURL

2017.11.30

ミジンコが絶滅の危機に瀕しました。

水を増やしてあげたところ、翌朝見ると

大量にいたミジンコが2~3匹へ。

水質の変化が尋常でなかったようです。

水道水のカルキも抜かず、水を大量投入。

現在、ミジンコちゃん療養中。

しかし、そんな環境にも負けず、再び息を吹き返しつつあります。

頑張れ!ミジンコちゃん!

 

nishikawa at 19:55 PM

コメント

名前:(必須)
メールアドレス: (公開されません) (必須)
ウェブサイトURL

2017.11.29

掃除王にオレはなる!!

というタイトルでブログを書いてから、ひと月ほど経ちますが、

最近、お掃除の楽しさに目覚めつつあります。

 

特に、キッチンのシンク掃除は大好きです(⋈◍>◡<◍)。✧♡

(方法は正しいかどうか分かりませんが・・・)

 

今、はまって使っている製品はこちら!!

おふろのルック みがき洗い」!!

 

朝の6時頃、誰も起きていない中、シンクのお掃除をするのですが、シンクが思った以上に綺麗に仕上がると、もう朝から大興奮です(笑)

使っている道具はこちら。

 

 

ルックとマイクロファイバータオル、メラミンスポンジです。

 

メラミンスポンジに直接、ルックをつけて

 

シンク中をごしごし磨きます。

そして、全体を水で流した後にタオルやキッチンペーパーで水を拭いた後、最後はマイクロファイバーで仕上げに拭きあげます。

すると、

こんなにピカピカに♪♪

(なっているつもりです。)

 

カメラの取る角度なだけで、こんなになりません(笑)

 

nishikawa at 19:54 PM

コメント

名前:(必須)
メールアドレス: (公開されません) (必須)
ウェブサイトURL

2017.11.29

先日、娘の七五三の為、一宮の真清田神社へ行きました。

娘も晴れ姿に大興奮!!

 

ママの来ていた着物を調整して、娘が着る。

 

娘の子どもも着るのかな?

そう思うと、

代々受け継がれていくものって

思い出と想いとが受け継がれていく。

なんか素敵だなぁ~と思っちゃいますね。

 

久々の家族行事、これからも家族皆、健康でいたいですね。

nishikawa at 18:26 PM

コメント

名前:(必須)
メールアドレス: (公開されません) (必須)
ウェブサイトURL

2017.11.26

メダカはヒーターを使って23℃を維持してあげると、

年中、卵を産んでくれます。

 

熱帯魚だと26℃を維持することが多いそうですが、

たった3℃の差でメダカは卵を産んでくれなくなるそうです。

 

温度的に日本の小川を泳いでいるメダカが、アマゾン川で泳いでいるようなものなので

暑くて体力を消耗してしまうそうなんです。

 

けれども最近、卵の数が減ってきたなぁ~ということで

飼いだしたのがこちら!!

ミジンコ」!!

 

写真の中心の白い点のようなものがそうです。

(ほぼ見えませんww)

 

メダカの最高の餌で、体調の悪いメダカを

ミジンコの水槽にいれてあげると、

みるみる元気になるそうです。

飼っているのは、ミジンコでも「オオミジンコ」という大きい種類のミジンコ。

大きさは、大きくて全長2~3mm程度。

顔とかは全く分かりませんが、水槽の中でフワフワ泳いでくれます。

これがちょっと可愛い♪♪

 

エサはなんと、「飲むヨーグルト」

 

現在、お部屋の中でおそらく数千、数万匹はいるのではないでしょうか。

 

増やしすぎました(笑)

 

メダカは元気になり、卵もよく産んでくれるようになりました。

YATTA~!!

 

20Lの水の中にわんさかおりますw

もう少し、水の量を増やしてミジンコの量を増やした方がいいのか、現在検討中です。

 

育てたい方、ぜひご相談くださいw

 

 

nishikawa at 11:44 AM

コメント

名前:(必須)
メールアドレス: (公開されません) (必須)
ウェブサイトURL

2017.11.26

最近まで外で育てていた多肉ちゃん達

気温の低下で、全滅の危機に陥りましたが、

室内での生活に切り替えて、再び息を吹き返してくれました(*^-^*)

そんな中での、今お気に入りの一品がこちら

コノフィツム」♪♪

変わった形や変わった育て方が特徴なんです。

今、お家にいる子は、ハート形の形♪♪

 

可愛いでしょ~(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

このコノフィツム、外敵から身を隠すために、小石に似せた形をとっているそうです。

また、秋から冬にかけて花を咲かせるんです!

ちょうど今が最高潮!!

 

6~9月の間は休眠期間となり、

本当に石の色や形(枯れたような姿)へと変わります。

その際は、完全断水!!

 

休眠期間を脱すると、新たな株を作ってくれる

コノフィツム、本当に面白い。

 

ぜひ、皆さんもお試しあれw

 

 

 

nishikawa at 11:27 AM

コメント

名前:(必須)
メールアドレス: (公開されません) (必須)
ウェブサイトURL

2017.11.25

着々と、お部屋のスペースがメダカにて浸食されつつあります(笑)

今回、ご紹介するのは、「ヒメタニシ」!!

 

 

ヒメタニシは、メダカの糞や水槽のコケなどを綺麗にしてくれる掃除屋さんです。

また、水質浄化もしてくれる便利屋さんでもあります。

この子たちのおかげで、水槽も綺麗さを維持してくれています。

 

この間は、稚貝を生んでくれました!

(稚貝は真ん中、左にいる凸状のもの)

THANK YOU!!

 

上写真の左上はメスで、角が二本ともピーン!!と立っています。

オスは、一方が丸まっており、一目で雄雌の区別がつきます。

ヒーターをつけておくと、年中稚貝を生んでくれるそうです。

 

メダカだけでなく、エビや貝だけでなく、沢山の生き物と一緒に買えるのも楽しみであり、

その子どもが生まれて、また大きくなっていくのも楽しみです。

 

次は何を買おうかなww

 

 

 

 

nishikawa at 19:24 PM

コメント

名前:(必須)
メールアドレス: (公開されません) (必須)
ウェブサイトURL

2017.10.23

オーナー様から相談をいただきました。

電球がすぐに切れるので、いくどと交換してきたそうです。

なぜ、切れるのか?

電気屋さんに伺いました。

 

原因その1

「電球が最後までしっかりハマっていない。」

ブレーカーを落とさずに、電球をはめると最後までしっかりハマっていなくても

点灯します。しかしこれが、ダメー!!

しっかり最後までハメることが長く持たせる秘訣だそうです。

 

原因その2

「電球のそばにドアがあり、頻繁に振動を起こしている。」

電球は振動に弱く、振動が頻繁に起きているとドアの開け閉めだけでなく、

様々な要因で、電球の消耗が早くなるそうです。

 

原因その3

「電球のあたりはずれ」

同じものでも長く使えるもの、あまり長く使えないものがあるそうです。

こればかりは運任せ?

 

長く持たせるには以下の2点にするとよいそうです。

その1

「LED電球」

やはり一般的ですが、LEDはよいそうです。

 

その2

「容量の大きいものへ交換しよう!」

100Vの電球を使われている方は110Vの電球に交換するとよいそうです。

容量を増やしてあげることで、いっぱいいっぱいの仕事をしている電球に

ゆとりを上げて、長く頑張ってもらえるようにしましょう!

 

以上、電球の利用方法についてでした。

 

nishikawa at 8:55 AM

コメント

名前:(必須)
メールアドレス: (公開されません) (必須)
ウェブサイトURL

2017.10.23

と書いてみましたが、

ちょっと掃除が上手になりたいな

という程度です。

大きく出てごめんなさい。

 

特にお風呂は気になるところ。

シーリング(ゴム)のカビや鏡の汚れ

色んなところが気になります。

クエン酸や重曹の使い方がカギになると

色々な本や雑誌に書かれていますが、

なかなかうまくいかない。

 

面白そうな本を見つけました。

 

実践開始です♪

nishikawa at 8:40 AM

コメント

名前:(必須)
メールアドレス: (公開されません) (必須)
ウェブサイトURL


安井建設へのお問い合わせ・資料請求
家づくりに役立つ資料無料プレゼント
安井建設株式会社
愛知県江南市赤童子町南山98番地
TEL:0120-54-3536
資料請求・お問い合わせはコチラ
これで安心!家づくりを成功させる10のチェックポイント小冊子
すでに尾張地域で家づくりを考えている方が2000人以上読んだ、家づくりのはじめの一冊です。
営業マンしか知らない住宅業界の裏話や家づくりで注意することなどをわかりやすく書いてあります。
「家づくりを通して家族の笑顔をつくる」 家づくりで失敗したくない方のバイブルです。