家づくりコラム

日照シミュレーション

安井建設(株) ママ一級建築士の伊藤由子です!

今回は、日照シミュレーションについてのお話です。

2020.08.05

日当たりの心配

土地を購入する際に、日当たりが気になることが多いと思います。

 

南に面した土地でも、隣地の建物により日影になってしまったり、

 

所有している土地に家を建てるにも、母屋への影響が心配になることは多いと思います。

 

また、冬場に太陽熱を入れ、快適性を得る手法のパッシブデザイン設計では、

 

敷地に対して冬場どこに陽が当たるのかということは、まず最初に確認していきます。

日照シミュレーション

アトリエスタイルで計画していく場合、

 

まずは、日照シミュレーションを元に、プランニングを進めていきます。

 

 

敷地周辺環境や隣地の建物を確認し、

 

敷地の日当たりの良い場所がどこなのか、

 

冬期の南側の窓に太陽熱が当たっているか、

 

夏期はルーバーや庇により太陽熱が遮られているか確認をしていきます。

 

年中で一番寒いと言われている1月20日の大寒時に建物内に太陽熱が入るように、シミュレーションします。

 

下記は、上空から見たところです。

 

茶色い部分が対象の土地で、白い部分が隣地建物です。

 

1/20 AM8:00

1/20 AM10:00

1/20 AM12:00

1/20 PM14:00

1/20 PM16:00

日当たりが良くないときはどうするの?

 

上記の日照シミュレーションは1F部分の日当たりですが、

 

これを2Fレベルでも検討していきます。

 

 

そして、陽が当たらない場合は、どうするのか?

 

 

そこは、家づくりの方向性を考えていきます。

 

2Fに陽が当たるのであれば、リビングや共有スペースを2Fに計画することもアリです。

 

しかし、高齢になられた時、階段の上り下りが苦痛にならないか等

 

色々心配なこと等もあるかと思います。

 

また、吹き抜けを設けてあげて、そこから日射取得するのもアリです。

 

そして、隣地建物により、全く陽が当たらない土地のであれば、

 

断熱性をグッと高めてあげて、快適性を上げていく手法もあります。

 

建物の形状を工夫して、室内を明るく、太陽熱を取り入れる手法もあります。

 

 

そのあたりは、お任せ下さい。

 

 

まずは、日照シミュレーションをしっかりし、敷地を読むことです。

 

そのあとは、ライフスタイル等をヒアリングさせていただき、

 

家づくりの方向性に合意を得て、ご提案させていただいています。

 

 

ママ 一級建築士

伊藤由子 

一級建築士 一級建築施工管理技士
インテリアコーディネーター 省エネマイスター 
ライティングコーディネーター 

3児のママ(2007年生まれ男の子、2009年生まれ女の子、2015年生まれ男の子)

大学卒業後、建設会社、大手ハウスメーカーを経て、結婚を機に2006年11月に安井建設に入社。
現在では、設計、間取りのご提案、内装、照明計画、暮らし方のご提案など幅広い業務に携わっています。

お客様の好みに寄り添ったデザインの提案に心がけています。
暮らしやライフスタイルをお伺いし、住まい心地を第一に考えた設計をしていきます。
主婦ならではの家事動線や子育てにおけるアイデアも随所に取り入れています。
楽しく家づくりをしていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

日照シミュレーション
Welcome

家づくり無料相談会、
毎日開催!

間取りのこと、お金のこと、土地のことなど
家づくりのことなら
何でもご相談ください。

Official SNS