家づくりコラム

鉄筋コンクリート住宅について RC基本構造

構造計算された強固なフレームにより優れた耐久性を持つ鉄筋コンクリート住宅についてご説明いたします。

2019.04.14

壁式鉄筋コンクリート住宅

なぜ強いのか

圧縮に強いコンクリートと引っ張りに強い鉄筋のお互いの長所を組み合わせた鉄筋コンクリート住宅は、数ある中の工法の中では最強といえます。壁厚は200ミリ、鉄筋の腐食を防ぐ「かぶり」と呼ばれる余裕を20ミリ持って220ミリで施工。150ミリの床コンクリートが面で支える構造です。

一般的な木造の長期優良住宅は3640の短辺スパンが基本となりますが、鉄筋コンクリート住宅であれば6m程度まで短辺スパンを広げることができます。ですので、柱や壁のない広々とした空間をご希望の方におすすめです。阪神大震災以降、家造りにとってもっとも大切な事が「安全で丈夫であること」という事が再認識されました。

また、木造に比べ火に強く、また鉄骨のように火災が起こるとアメ状に曲がる事もありません。燃えにくい事は耐震性と同様に安全な家造りの重要ポイントです。さらに、アトリエ・コ・ラボのお届けする「コンクリートの家」は床と壁を一体としてコンクリートを現場で流し込む「鉄筋コンクリート現場打ち工法」を採用していますので、台風により屋根が飛んだり、雨漏れを起こしたりする事がありません。

優れた耐久性

RC住宅の法定耐用年数は47年と言われています。木造で22年、重量鉄骨で34年と他の構造を大きくリードしています。コンクリートは水分を年数をかけながら蒸発させ、さらに強度をアップさせていきます。既存の建物で100年近く建ってもまだまだ丈夫なコンクリート建築物もありますので、その耐久性は実証済みです。

優れた断熱性能で快適な住まい

内断熱工法

コンクリートの内側で断熱を行う工法です。 魔法瓶のようにコンクリートの室内側を断熱することにより、夏涼しく、冬暖かい家を実現できます。綿密な鉄筋コンクリート造はとても気密性にも優れているので、外気の温度に左右されることがなく、一度冷やしたり暖めたりするとその温度が持続されます。 日本のマンションはほとんどがこの工法で施工されていますが、マンション家庭の光熱費が少ない事からも、その省エネ住宅であることは実証済み です。 また、GL工法と呼ばれる室内側の断熱とプラスターボードの間に空気層を作りながら湿気がこもらず結露をしないようにする工法を採用しています。

外断熱工法

コンクリートの外側で断熱を行う工法です。 コンクリートの優れた蓄熱性を生かした工法と言えます。夏は熱を室内側へ伝えにくく、冬は昼間の暖かい日差しを窓から室内のコンクリート壁に蓄熱させ、夜、気温が下がってきたらコンクリートから放熱させるというパッシブ(家電製品や機械にとらわれない)な考え方から採用をしています。 断熱材の外側は塗壁仕様で、幅広い外観デザインの施工が可能です。 室内はコンクリート打ち放し仕上げにも、クロス仕上げにすることもできます。さらに設計で南側の窓に庇を設けると、夏は日差しを遮ることができ、冬は太陽高度が下がるので日射を取り込めますのでより光熱費を抑えた家づくりが可能です。内断熱工法よりもコストが高く初期費用がかかりますが、より快適な暮らしが実現できます。

サッシ 複合樹脂サッシ サーモスⅡH

建物の熱は4割~6割が窓サッシから逃げると言われています。つまり、サッシの断熱性を向上させることが、省エネ住宅実現への一番の近道となります。

複合ペアLow-Eガラス

次世代エネルギー基準に適合してさまざまな環境に対応する「複層ガラス」。
中でも、遮熱と断熱の機能を発揮する「Low-E 複層ガラス」なら、効果的に熱をコントロールできます。
硬質発泡ウレタンとの併用で、次世代省エネ基準4等級を実現しています。

RC工法は、3つのメリットにより皆様の願いを実現いたします。

Free Design〜自由度の高いデザイン〜

アトリエ・コ・ラボのお届けする「コンクリートの家」はその高いデザイン性が大きな特徴で、あらかじめ組んだ型枠にコンクリートを流し込んで造る工法のため、型枠の組み方次第でお客様の好みに応じた自由なデザインが可能です。 さらに、鉄筋コンクリート自体が非常に丈夫なため、20畳や30畳といった開放感のある大きな空間や、開放的な吹抜けなど、他の工法では難しかったプランも問題なく造ることが出来ます。

Strong Solidity〜優れた耐久性〜

コンクリートと鉄筋のメリットを一体化させたのが鉄筋コンクリート(RC)造りです。どの工法と比べても、建物の頑丈さ、耐久性、耐震性はとても優れています。さらにコンクリートのため耐火性にも優れ、地震によって起こる2次災害も最小限に防ぐことができます。さらに近年耐震偽装事件の影響から、鉄筋コンクリート住宅の耐震基準が厳しくなり、安全な家造りが進んでいます。

For Future〜未来に続く住まい〜

コンクリート住宅というとどのようなイメージをお持ちでしょうか。アトリエ・コ・ラボのお届けする「コンクリートの家」ではこれまでに鉄筋コンクリート住宅で問題となった「結露」・「断熱」・「コンクリート外壁の汚れ」などの問題を改善しました。 高い耐久性と優れたデザインにより、コンクリート住宅は、将来性のある確かな価値を生み出します。

安井建設編集部

注文住宅のこと、間取りのこと、構造のこと、暮らし方のことなど、家づくりにまつわるお役立ち情報を発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

鉄筋コンクリート住宅について RC基本構造

家づくり
毎日開催!

間取りのこと、お金のこと、土地のことなど
家づくりのことなら何でもご相談ください。

来場予約はこちら