家づくりコラム

新商品との付き合い方

毎日のように目にとびこんでくる「新商品」。住宅の世界でも同じです。新しく何かを手に入れる時、どんな基準で選びますか?

2020.02.05

リクシルショールーム、楽しいです

【香織】

先日、リクシルのショールームでの勉強会に参加しました

 

私は、経理をしており、家づくりに関わる仕事ではないのですが

長年、会社にいると興味がわきます!!

 

で、勉強会に混ぜてもらいました

 

新しい商品もいっぱいあり、見ているだけでワクワクしますね

最近の「デザイン志向」に乗って、スッキリとカッコいいものや

まるっこくてかわいらしいモノなどが

続々と出ており、ココロ引かれてしまいます

 

でも、もちろん、お高いわねぇ・・・😱でした

手がでないわけではありませんが、積み重なると・・・😱

 

よく考えて決める必要がありますよね

 

建築だけではありませんが

どんどん新しい商材が出てくるので

学ぶ姿勢がないと、あっという間にとりのこされます

 

20年前、10年前、5年前・・・と変化するのはもちろんですが

毎年のように新商品がでるので

情報収集が間に合わないくらいです😅😅😅😅

 

そして、お客様の方が、情報収集力が高いかもしれません・・・

 

家は、今がよければいいというものではないので

むやみに新しいから、と飛びつくこともできないです

やはり数年の実績を重ねたものが安心かも・・・と

考えるのは、安定志向が強いのでしょうか

新商品の10年後

我が家はリフォームをして9年がすぎました

もうすぐ10年になろうとしています😊

 

そろそろ電化製品が壊れてくるころです

 

家の中も多くの電化製品で賄われています

食洗器、トイレの便座、電動シャッター、太陽光パネルのコンプレッサーなどなど

 

やはり、調子が悪くなってきています💦

 

当時、新しく発売された「タンクレストイレ」を我が家はとりいれました

自動で開閉、流れるやつです。

 

すごく快適で、使いやすくて、喜んでおりましたが

少し前に壊れてしまいまして・・・💦💦💦

人数の多い家なので、開閉回数も多いからしかたないか、と思いました

 

が、、、、、

 

そのタイプは便器ごと、まるごと交換しかできない、とのこと

 

えーーー😫😲😫😲

 

何も聞かずに大喜びで勝手に決めてしまったトイレ

また、当時はまだ出て間もない商品でしたし、交換のことまで考えていなかった・・

 

完全に自分の落ち度でした・・・

 

社内の情報で、便座交換の依頼があたりまえに行われていて

陶器は長持ちするよーと聞いていたので、

考えることも相談することも、疑問に思うこともなく

勝手に決めてしまった、遠いあの日の自分を恨みます😓

 

大昔にも、出たばかりのドラム式洗濯乾燥機を購入し、

水漏れに苦しめられ、家の床を腐らせ

メーカーにリフォームしてもらった過去があるというのに・・・

 

新機能、新商品、快適機能に弱い私のわるいクセです

 

あっ!結局は便座の部品を交換してもらえて生き永らえましたが

これで直らなければ、全交換です、と言われたので

次は覚悟しています

我が家の「新しさ」の取り入れ方

新しいものは、当然しっかり研究されているので、

かゆいところに手が届くような機能が搭載されます

さらに、デザイン志向の現在は見た目がステキ💖なものがとても多いです

 

でも、長年、家で暮らして思うことは・・・

見た目より使い勝手が大切!!と私は強く思っています

 

:::ちょっと参考に::::::::::::::::::::

 

人間は「視覚」「聴覚」「体感覚」を使って判断します

(五感をつかうといいますが、味覚は嗅覚は「体感覚」に含みます)

 

これを代表感覚器官といいますが、人によって得手不得手があり、

その強度も違うので、そもそも見える・聞こえる・感じる世界は違うのです!

 

私は「体感覚=触覚」をすごく気にするタイプです

(触覚>>>聴覚>>視覚 の順だと感じています)

 

なので、見た目はあまり気にならず、肌触りや足ざわり、

使い勝手が何よりも大切!!と感じやすいのです

 

ちなみに「視覚」が強く「触覚」が弱い人は

完全に見た目重視で、使い勝手は全く気にしないタイプ

 

代表感覚器官が合う人とのコミュニケーションは理解しやすく、

そうじゃない人とは理解しづらくなってしまいます

 

私でいえば、見た目重視の方には

理解し難いものを選ぶと感じるはずです(自覚あります)

 

ちなみに、視覚が優位な方が、とても多いのが現実です

女性は体感覚が強い方も多いそうですよ

(なので、私は、と強調してしまいます。多くないということを知っています)

 

自分で代表感覚器官を意識してみてくださいね

(心理学のお話しです)

 

:::::::::::::::::::::::::::::::

 

見た目も使い勝手もいいのが一番に決まっていますが、

安井建設では、毎日の使いやすさをとても大切にします

 

なるべく、壊れにくいモノや、汚れにくいモノ、掃除がしやすいモノなど

生活に密着した、使いやすさを重視した提案を多くします

 

その上で、何を選ぶかは好みによるところ。

 

ですが、ついつい使い勝手のよさを優先して提案するのは、

アフター点検を毎年行い、暮らしやすいとの声が

たくさん届くからかもしれません

 

家とのつきあいは末永くなり、好みはわりと変化していきます

家の流行も変化して、今のかっこいいが数年後のちょっと古いになる・・・

時代って残酷だと思ってしまいますが、、

 

我が家は特別なこだわりも強くなく、シンプルな普通の家です

(社長の家なのにフツーだね、と何度もいわれました😅)

が、暮らしやすい毎日を送っています

 

掃除や片付けが苦手な私には

キレイな空間を保つ能力を持ち合わせておらず

さっと掃除がしやすいことで毎日の生活が助けられています

 

そして、飽きっぽい私・・・

家具や小物の色をちょこちょこと変えてしまいます

部屋の雰囲気を定期的に変えて、気分一新を図って楽しんでいます

 

簡単にいえば、模様がえですね

 

私にとっては、「暮らしを楽しむ新商品の使い方」かもしれません

 

家は暮らしを守る大きな「ハコ」として。

細かな部分は毎日を楽しむ小道具として手軽に。

 

正解は、家族の好みで変わります

 

自分たちらしさって何だろう?って考えてみてくださいね

片付けやすそうですが、飾る自信がないので隠す派!!ほんとはあこがれます

収納は見えないところにかくしておきたい!

家づくりコラム女性編集部

安井建設スタッフが企画し、開催していきます。企画・運営担当のスタッフが告知や報告をブログに書いていきます!
参加募集の情報もアップしていきますので是非ぜひチェックしてくださいね♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

新商品との付き合い方

家づくり
毎日開催!

間取りのこと、お金のこと、土地のことなど
家づくりのことなら何でもご相談ください。

来場予約はこちら