家づくりコラム

現場監督って知ってますか?

工事現場をまとめるお仕事の監督さん。なにをしているか知っていますか?

2020.02.11

現場監督ってわかりますか?

【香織】

ふと思いました。

現場監督っていう仕事について

知っている方はどれくらいいるのかなぁ?

 

ことばは知っていても何をしているのかは

わからないって方が多いかも??

というか、私は知らなかったです。

 

会社で仕事に関わってきて感じていること・・

 

安井建設では現場監督が「家づくりのカナメ」だと思っています😊

 

実際に工事をしていただくのは、多くの職人さんです

大工さんはもちろん、基礎工事、打設工事、屋根工事、外壁工事、水道工事・・・

様々な専門の業者さんにお願いして、工事を進めてもらいます

 

その方々が好き勝手に作業を進めたら

現場は大混乱してめちゃくちゃになりますよね

 

それを防ぎ、業者さんたちに対して

最終の図面を作り、図面どおりに仕上げるために

工事の日程を調整し、工程通りに進めてもらうように材料を手配し、

現場で間違いがないか確認し・・・・🏠🏡⛪

 

日々、変化する現場を管理するのが「現場監督」です

 

工事が始まると、現場のことは監督を中心に周ります

 

安井建設は、元々は公共工事を中心に行ってきた会社で、

「現場第一主義」の会社です

 

いい建物をつくるんだ、という強い思いがありますが、

 

いい建物 = 丈夫で、おさまりがきれいな建物

 

といういわゆる「見た目」以上に「基本」的な部分を

何よりも大切だと考えています

そして、長年住むので「メンテナンスがしやすい家」をも目指しています

現場監督の人物特徴は・・

「現場のおさまり」といいますが

この辺りのこだわりの違い、

実は私は、見てもよくわからないのです😅

 

当社の建物を見に来てくれた全国の工務店さんから

「キレイなおさまりですねぇ🤩」と褒められるので

おそらく、そうなんだろうと思っていますし、

社内でも、誰もが当然のように気にしています

 

きれいに「おさまる」と、現場監督はとってもうれしいそうです✨

 

当社のスタッフは、建物が大好き😍

 

社員旅行などでみんなででかけると、

やたら壁をコンコンし、すみっこばかり歩き、

角をじっくり眺めて、触りまくるのが、現場監督。

 

一方で営業、コーディネーターのスタッフは

壁紙や床材や素材をじーっくりと眺めます。

 

私はその様子をみて

やっぱり立場で見るところが違うな、とニヤニヤしています(笑)

 

大工さんのように何かをつくったりする器用さは

残念ながら、あんまりなかったりしますが、

作り方はよく知っています(笑)

 

そして職人さんと同じように

やや口ベタな人が多いですねぇ😁

現場にはヘルメットが必須です!!

誠意と技術で信頼を

監督さんたちは、現場の安全と、

より質のよい建物を建てるために

常に勉強を続けています

 

法律もどんどん変わるし、施工方法も新しくなるし、

資材が変わると設置の仕方もかわるのです

 

現場のみなさんが、常に新しい情報があるわけでもないので

みなさんに「これからは新基準で施工してください」と

ルールを決めたりもします

 

建設業界は人不足といわれますが😥

職人さんはもちろんのこと

現場監督になりたい人もどんどん減っていますし、

会社の効率化に伴って、監督をなくそうという動きも

建設業界の中では、あります。

(他の立場の人が兼任する、ということです)

 

でも、やっぱり私たちは、「現場第一」「現場大好き」な

現場監督にちゃんと見届けてもらって

よりよい建物をお届けしたいと考えています

 

会社によって「こだわり」はいろいろ違いますが

 

「誠意と技術で信頼を」という社訓は、

初代の社長が創業から大切にしている思いであり

「安心安全を現場から」という強い気持ちがこもっています。

 

それが今の会社の基本となり、

 

「家づくりを通して家族の笑顔と幸せをつくる」

 

という、私たちのミッションにつながっています

 

それを体現化し、カタチにつくりあげるのが

「現場監督のチカラ」です!!

家づくりコラム女性編集部

安井建設スタッフが企画し、開催していきます。企画・運営担当のスタッフが告知や報告をブログに書いていきます!
参加募集の情報もアップしていきますので是非ぜひチェックしてくださいね♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

現場監督って知ってますか?
Welcome

家づくり無料相談会、
毎日開催!

間取りのこと、お金のこと、土地のことなど
家づくりのことなら
何でもご相談ください。