家づくりコラム

土間から考える暮らし方

梅雨時って家の中もジメジメしますよね。玄関から直に部屋に入るよりも、土間スペースがあることで少しさっぱりしますよ。少し濡れたものを家の中に持ち込まないですむって、心地いいですよね

2019.06.17

土間は便利!

 

土間のある家ってイメージできますか?

近頃は土間スペースのある家が好まれています

 

多くの場合はくつを収納する場所になるのですが

少し広めにつくることで、家の中のゆとりを増やすことができます

 

くつの収納はもちろんのことですが

小さな子どもさんがいる場合、一番便利なのが

ベビーカーの置き場ですね

そして、外遊びのグッズ

さらにレインコートなどの置き場として。

 

家の中にもちこみたくないけど

外にも放っておくこともしたくないものって

特に子育て中ってたくさんあります

 

少し大きくなったら、部活動の荷物も置けます

我が家は剣道の道具やバスケットボールたちが

ゴロゴロと置かれていました

 

これが家の中に持ち込まれると思うと・・・

ゾッとしますよね

(特に剣道の道具、独特のカオリがいたします(´;ω;`)ウッ…)

 

こんな形なら開け閉めしなくて通りやすいなぁ・・・

とりあえず、は失敗の元

 

わが家にも土間収納スペースを設置しました

 

が、とりあえずスペースをつくればいいなぁという程度の

考えでつくってしまったので・・・

ちょっと失敗したと思っています

 

実際、便利に使ってはいるのですが、

収納というのは、自分の暮らし方をイメージしないと

ぴったりとくるものにならない!!

と実感しています

 

我が家は仕切りの扉をつけたのですが

それを面倒に思う子どもたちは

結局、表玄関のたたきにくつを出しっぱなします

 

さらに、コートやかばんを置けるようにしておけば

リビングが散らからなかったのに・・・(´;ω;`)ウゥゥ

 

私は、リビングに行きたくない反抗期の長い子どもだったので、

誰もリビングに寄り付かなくなるだろうと想定していたのですが、

(そのために廊下スペースをつくり、階段に直行できる

間取りにしたのです。反抗期仕様です(笑))

わが子たち、いつもリビングでくつろいでいました(‘_’)

かばんもそのままリビングで放置されていました・・・

 

反抗期がはげしくないのは助かったのですが

想定と違いすぎて驚きました💦

 

仕切りの扉をつけずに土間に入りやすくしておいたら

もう少しだけ、落ち着いたリビングで過ごせたのでは??

と考えてしまいます

 

これくらい浅くて多くの棚でしかも可動式!!スペースが上手につかってある!!

収納の原則は土間でも必要です

 

暮らし方も年齢によって変わりますが

収納の原則は、あまりかわりません☺

 

「必要な場所に必要なスペースを」

 

ですが、必要は人それぞれ、家族それぞれ違います

 

ですから、そんな部分も家づくりの際には

じっくり振り返り、掘り下げて考えることが必要です

 

しっかり考えても、暮らしが少しづつ変わるのは

これは仕方のないことですが

そもそもが、私のように適当にしてしまうと

あーーもう少し考えるべきだった😱💦💦

と、あっという間に後悔が始まります

 

何のために必要だと感じているのか、

本当にそれは自分の暮らしにあっているのか、

を改めて振り返ることはとても大切です

 

ぜひ、収納スペースからも

家づくりを考えてみてくださいね

 

このコラムを読んだ方へのオススメ記事

水回り選びは生活を決める

家づくりコラム女性編集部

安井建設スタッフが企画し、開催していきます。企画・運営担当のスタッフが告知や報告をブログに書いていきます!
参加募集の情報もアップしていきますので是非ぜひチェックしてくださいね♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

土間から考える暮らし方

家づくり
毎日開催!

間取りのこと、お金のこと、土地のことなど
家づくりのことなら何でもご相談ください。

来場予約はこちら